マンション管理会社に大規模修繕を依頼|不具合の連絡も素早く安心

家賃収入に安心をもたらす

お金と模型

債務を代行するサービス

近年は高齢化や家族関係の変化によって、賃貸住宅に入居しようとする際に連帯保証人を立てられない人が増えてきました。このような状況は、利用者側から見ると住居の確保が困難になるということを意味します。一方、アパートやマンションのオーナーにとっては、保証人のいない入居申込者をすべて断っていたのでは、稼働率の低下を招いてしまうおそれが生じることになります。この問題を解決する手段として注目を集めているのが、家賃保証というサービスです。家賃保証は、入居者が支払うべき家賃等の債務に対して、専門の事業者が保証を行うというサービスです。もし家賃の滞納が発生した際は、オーナーは保証会社に対して債務の代位弁済を求めることができます。この場合、保証会社は立替払いを行うとともに、オーナーに代わって未収金の取り立てを行います。ということは、保証人を立てることができない者に対しても安心して物件を貸し出せるということになります。一方、保証人を立てられない入居者にとっても、家賃保証サービスを利用できる物件が多くなれば住まい探しの選択肢が広がることになります。いずれの側にとっても、メリットの多いサービスであると言えます。また、家賃保証サービスを利用するに際しては、保証会社が事前に入居希望者の経済能力等についての審査を行います。つまり、オーナーにとって保証会社は入居審査を代行してくれる存在にもなるわけで、賃貸経営における負担の軽減に役立つことになります。