マンション管理会社に大規模修繕を依頼|不具合の連絡も素早く安心

不動産投資を考える

マンション

利回りを正確に計算する

不動産投資は儲かると考えている人は多いでしょう。富裕層の相続対策として不動産投資に取り組むことも多いです。不動産投資では賃貸マンションが多いですが、マンション投資の利回り計算を正しく行わなければ、トータルリターンで損失を招くことがあります。投資の概念として短期で利益を上げるのではなく、資産運用により長期的に利益を出す考え方でなければいけません。賃貸マンション経営の場合、物件を取得するコストが大きく掛かります。マンションを一棟建てるのに数千万円〜数億円掛かると言われています。建築費用を金融機関から融資を受けた場合、毎月のランニングコストに返済が含まれます。賃貸マンション経営でもっとも注意しなければいけないのが、空室リスクです。空室ができると、毎月のランニングコストを捻出するのが厳しくなります。先ほども話したように不動産投資のトータルリターンを考える考えましょう。初期で設備投資費が大きく掛かった場合でも、毎月コンスタントに収入があれば問題ないです。投資スタートして10年で修繕費等が大きく掛かります。この頃に空室もちらほら目立ちます。現状のマンション売却して利益が出るのであれば一棟売りを考えるのも投資と言えます。苦労して取得した物件を売却するのは名残惜しいとも思いますが、マンション投資の場合、10年目からが損益分岐点として、その後の経営に明暗を分けると言われています。売却して利益が出るのも10年程度までです。売却価格は新築価格よりも低くなるはずです。マンション投資で大きな利益を出す場合、中古一棟買いという方法もあります。中古一棟買いは、設備投資費を大きく省くからです。