マンション管理会社に大規模修繕を依頼|不具合の連絡も素早く安心

賃貸経営をする

お金と模型

管理会社に委託する

賃貸管理会社とは、賃貸物件の管理を行ってくれる会社です。賃貸物件を経営していく上ではさまざまな管理を行わなければなりません。管理の内容としては、入居者の募集や賃料の集金、また共用部分の管理、入居者からのクレーム対応などです。これらの業務をオーナーが自ら行うという方法もありますが昔と比べてこれらを個人のオーナーが行うのには無理になるところも多くあります。一つは入居者の募集で、これらは不動産会社などに依頼して行う必要があります。また賃貸物件を借りてもらうポイントとして重要となってくるのが家賃相場で、家賃が相場に適正であることが大事です。家賃相場を調べる方法は周辺の賃貸物件情報を調べることで知ることができますが、不動産会社や賃貸管理会社の方が適した家賃相場を知ることができます。一方で家賃相場よりも低い家賃に設定すれば入居者が集まるというわけではなく、部屋を借りたい人へのアプローチ力によって決まります。家賃は低く設定すると収益が減るため効率的ではありませんから家賃相場からそれよりも高い家賃で賃貸物件を貸し付けることが賃貸経営をする上では重要ですが、これらを個人オーナーが行うのはやはり限界があります。この点で賃貸管理会社に経営を委託することもひとつの手段です。管理会社に支払う手数料負担がある程度、大きくなりますが管理会社のブランド力と継続的な収益力を鑑みればオーナーが直接経営するよりも確実な収益を得ることができます。