マンション管理会社に大規模修繕を依頼|不具合の連絡も素早く安心

地元での対応

マンション

フロントの役割

マンションの管理は分譲と賃貸では大きく異なるので注意が必要です。分譲マンションは本来購入者で組織した管理組合が行うことになるのですが、一般的には専門のマンション管理会社に委託します。分譲マンションの価値はその管理状態によって長期的には大きく異なりますので、マンション管理会社の選択は重要です。販売時点では開発業者がマンション管理会社を選択していることが一般的ですので、購入後に管理組合として検討することは重要です。管理の状況はマンション管理会社のフロント担当者の質によって左右されますので、通常のフロントマンとの対話が重要です。能力のあるフロントマンはマンションの住人のニーズをきちんと把握したうえで最適の対応をしています。一般の住民は理事となっても毎月の理事会や年に一回の総会での接点しかありませんが、常駐の管理人の仕事ぶりを見れば、フロントマンの能力を判断することは可能です。賃貸マンションの管理はマンション管理会社が入居者の募集や家賃の徴収を行うことが一般的になっています。オーナーサイドでは入居者の斡旋能力や家賃の滞納に対する対応などでマンション管理会社の能力を判断することが可能です。最近は入居希望者はインターネットで物件を選択して絞り込んだうえで、仲介業者に引き合いを出すので一般的ですので、IT技術の進んでいるマンション管理会社の人気が高まっています。動画や3Dを駆使する業者を選択することが重要です。